キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

キャッシング比較

消費者金融で適用するのは「約定利率」です

当事者間で定められた利率のことを約定利率といいます。

約定利率をどの程度にするのかについては,基本的に当事者の自由です。したがって,当事者間で合意すれば,どのくらいの利率にしてもよいのが原則となります。

もっとも,あまりに過大な利率とすると,当事者間の公平を害する場合があります。特に,借金の場合には,貸主と借主には力の差があるため,すべて当事者の自由に委ねてしまうと,借主が暴利をむさぼられるという危険性があります。

そこで,借金の利息の利率については,利息制限法によって制限が設けられています。この利息制限法の制限利率を超える利率を定めたとしても,その制限超過部分は絶対的に無効となります。

また,法定利率が定められている債務について約定利率を定めた場合には,約定利率が優先されることになります。

利息の制限

利息制限法によれば,利息については以下の制限がなされています(利息制限法第1条)。

  • 元本額が10万円未満の借金  → 年20パーセントまで
  • 元本額が100万円未満の借金 → 年18パーセントまで
  • 元本額が100万円以上の借金 → 年15パーセントまで

利息制限法の利率は,上記のとおり,元本の金額によって区分されており,元本額が大きくなるほど,利率の制限も厳しくなっています.

なお,元本以外の金銭は,一定の例外を除いて,名目を問わず,利息とみなされます。名目が手数料や調査料というようなものであっても,「利息」として扱われ,利息制限法が適用されることになります。

これを,「みなし利息」といいます(利息制限法3条)。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



関連記事


ランキング


おすすめ記事

キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

スポンサーサイト

被リンクを増やしたいなら リンク増やす リンクシステム 被リンク無料 バックリンク無料