キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

お金がない

借金依存症という病気が恐ろしい

借金依存症は多重債務や自己破産への片道切符

 

借金依存症――おそらく殆どの方が耳にしたことがないこの病気は非常に恐ろしいものです。借金依存症とは簡単にいえば、借金がやめられない状態のことです。

借金依存症患者は(実際にはその借金が返済不可能な水準まで膨れ上がっているにもかかわらず)自分の借金は返済可能であると思い込んでいるため、周囲が助言をしても耳を貸そうとしません。

そのため自然と周囲から人が離れて行きやすく、孤立しがちで、そのストレスでさらに借金を重ねていきます。身の回りにお金を貸す人がいるとその傾向はさらに顕著なものになり、時には周囲を巻き込んでトラブルを起こすこともあります。

借金をすると安心する?

借金なんかに依存する理由がわからない、という方も少なくないかと思いますが、借金依存症患者は借金ができると非常に安心します。その安心感を求めて借金を繰り返してしまうのです。

借金依存症患者はお金を借りられたという事実自体を過大に評価する(自分には信用があるのだと思い込む)のです。

反面、借金を断られると非常に強い不安に襲われ、衝動的に自殺したり、また金銭を手に入れるための犯罪に手を染めることがあります。

このように借金依存症患者は非常に扱いづらい人間であるため周囲から自然と人が離れていきやすく、そのために孤立しやすく、結果として借金依存症はどんどん深刻なものになっていくのです。

借金依存症になるまでの一般的なプロセス

 

生まれついての借金依存症患者は非常に稀で、殆どの人は後天的に借金依存症になります。つまり、今現在借金依存症でない人も、将来借金依存症になる可能性があるということです。では、借金依存症はどのようにして発症し、深刻化するものなのでしょうか。

最初は「気軽な借金」から始まる

借金依存症の第一歩は気軽な借金から始まるとされています。気軽な借金とは簡単にいえばキャッシングやカードローンなどの少額の融資のことです。住宅ローンや自動車ローンから借金依存症になる人はめったにいません。

少額の融資を受けても殆どの人はすぐに返済して、それで終わります。しかし、中には簡単に借金が出来ることに味をしめてしまい、繰り返し借金をしてしまう人もいます。

2度目の借金は1度目の借金よりも大きくなり、3度目の借金は2度目の借金よりも更に大きくなるのが一般的です。このように借金が徐々に増えていき、気がつけば借金依存症になってしまうのです。

次第に増えていく借金、そしてそれに気がつかない周囲の人間

借り入れを繰り返していても、本人はもとより周囲の人もなかなかそれを問題視しません。借金をしている本人は借金の状況について把握していないことが多く、普段は借金をしないように気をつけていても、ちょっとしたストレスなどで衝動的に借金を重ねてしまいます。

自覚のないままに借金はどんどんかさんでいき、限度額いっぱいまで借金をするようになり、やがて自殺や自己破産などの悲劇的な終末を迎えることになります。

借金依存症と併発しやすい依存症

 

借金依存症はそれ単発では発症しづらく、他の依存症と併せて発症しやすいとされています。複数の依存症を同時に発症している場合、治療や克服はより難しい物になります。借金依存症と併発しやすい依存症としては、以下の様なものがあげられます。

買い物依存症

借金依存症と最も併発しやすいとされているのが買い物依存症です。買い物依存症はただ単に病気が抑えられない状態のことを言うのではありません。立派な精神疾患の一つであり、病院で治療を受けなければなりません。

買い物依存症の特徴として、不必要なことを購入してしまうことが挙げられます。

衝動買い自体はだれにでも起こりえる現象であり、それ自体を重大視する必要はありませんが、買い物依存症患者は自分にとって不必要だったり、あるいは同じものを多数購入してしまう傾向があります。

主な原因はストレスとされており、イライラしたり不機嫌になると買い物をして、物質的に満たされることによって一時的にストレスは和らぎます。

しかし、再びイライラしたり不機嫌になるとまた買い物をします。これを続けるうちにお金が足りなくなり、最終的に自己破産に陥る例も少なくありません。

買い物依存症はどちらかと言うと女性に多く見られる病気とされています。女性のほうが男性と比べて物質に依存する傾向が強いからです。

普段はあまり目にすることのない病気に思えますが、アメリカでは全人口のうち約6%(約2000万人)が買い物依存症であるとされています。あちらは日本以上にクレジットカード払いが非常に広く浸透しており、それが買い物依存症の増加に一役買っているとされています。

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症とは、ギャンブルがやめられない精神疾患のことです。

ギャンブル依存症は長らく本人の意思薄弱が原因であるとされていましたが、現代ではギャンブルは精神疾患であることがほぼ明らかになっています。ギャンブル依存症患者は、病院で治療を受けなければなりません。

当たり前の話ですが、ギャンブルをする人が全員ギャンブル依存症なわけではありません。ギャンブル依存症患者とは、ギャンブルをする人の中でも特に破滅的なギャンブルをする人のことを言います。

ギャンブルを抑制するのが困難であり、無理やり抑制しようとすると強烈な離脱症状(幻覚や震えなど)に襲われます。

ギャンブル依存症の原因はちょっとしたギャンブルとされています。はじめは単なる遊びだったのに、気がつけば依存症になっていた、というケースが殆どです。

ギャンブルは胴元が活用に設計されているため長期的にやり続ければ必ず損をします。そして最終的には借金を重ね、自己破産や自殺などの終末を迎えることになります。

ギャンブル依存症は買い物依存症とは対照的に、男性がかかりやすい病気とされています。厚生労働省の行った調査によれば、日本人の約5%(536万人)がギャンブル依存症であるとされています。

これは世界の1%と比べて突出して高い数字です。パチンコ屋など、ギャンブルが出来る場所が非常に身近なことが原因と考えられます。

※ギャンブルで作ってしまった借金もこちらで減額できます。

アルコール依存症

アルコール依存症とは、アルコール、つまり飲酒に依存する病気のことです。自らの意思だけでは飲酒をコントロールすることができなくなり、強迫的に飲酒をするようになります。

以前は本人の意思薄弱によるものとされていましたが、現代では精神疾患の一つと認められており、病院で治療することが望まれます。

アルコール依存症の主な原因は本人の遺伝情報と飲酒の開始年齢にあるとされています。本人お遺伝情報とは簡単にいえば体質のことです。

同じようにお酒を飲んでも、アルコール依存症になる人とならない人がいるのです。また、体が成熟していない10代のうちから飲酒を始めると将来アルコール依存症になりやすいとされています。

その他、ストレスも原因の一つと考えられています。借金依存症によるストレスからアルコール依存症になり、酒代でお金が消えていきますます借金が膨らむケースは少なくありません。

借金依存症の兆候

 

借金依存症患者には一定の傾向が見られます。以下の様な傾向に当てはまる人間がいた時は、借金依存症を疑いましょう。

家計を一切把握していない

一般的な人は例え家計簿をつけていなくても、ある程度家計を把握しているものです。例えばいま貯金がどれくらいあるのか、毎月の収入と支出の差はどれくらいあって、どの程度生活に余裕が有るのか、ローンの金利はどれくらいなのかなど……。

しかし、借金依存症患者はほとんどのケースにおいて、家計というものを一切把握していません。家計にそもそも興味がなく、借金も自分の収入源の一つであるかのように振る舞います。

お金にかぎらず、借りたものを返そうとしない

借金依存症患者は、借金に返さずものを返そうとしない傾向にあります。例えば、ペンとか本とか、あるいは小銭など……。

このような態度を見せ続けるため、周囲の人からの信頼は低く、そのために孤立しがちで、それゆえに借金依存症はますます深刻なものになっていく傾向があります。

倹約をする習慣がない

借金依存症でない人は、日常生活の中で無理のない範囲で倹約をしようとします。例えば、誰も居ない部屋のエアコンは切ったり、手を石鹸で洗っている最中は水道をストップしたり、同じような商品が売っていたら安い方を選んだり……といったような感じです。

それに対して、借金依存症患者はそうした細かい倹約は一切行おうとしません。明日は明日の風が吹く、と言った感じで放漫な出費を繰り返し、いざというときに支払いで慌てるようになります。

買い物を我慢できない

これはどちらかと言うと買い物依存症に近いものがありますが、借金依存症患者は買い物を我慢するのが非常に苦手です。値段の比較などもせず、最初に目についた場所で衝動的に買ってしまいます。そして、買ったものは多くの場合において使用されません。

借金を貯金と考えている

言うまでもなく借金は借金であって貯金ではありませんが、借金依存症患者は自分の借金の限度額を貯金と捉える傾向があります。100万円が限度額なのだから、100万円までは自由に使ってOKと信じ込んでいます。

その後借金を返済しなければならないことについては考えようとしません。

常にギリギリの生活をしている

借金依存症患者は、給料日から次の給料日まで爪に火をともすような生活をしたり、必要な保険まで解約する傾向があります。

働き過ぎ、もしくは働かなすぎ

借金依存症患者は非常にオーバーワークか、もしくは労働を嫌うかのどちらかに当てはまるケースが多いです。

借金を返済するために残業をするものの結局そのストレスから稼いだ額以上に借金を重ねてしまったり、あるいは逆に本人のレベルよりも低い食について非生産的に時を過ごしたりします。

それでも自分は大丈夫だと思っている

以上のように生活がどう考えても破綻していても、借金依存症患者は何故か自分だけは大丈夫と考えています。万が一の際には誰がかなんとかしてくれると考えており、自分でその窮地を脱しようとはしません。

そしていざというときになってから誰の援助も受けられなかったことに失望し、犯罪や自殺に走ることもあります。

借金依存症をチェックしてみよう!

 

借金依存症の確定診断が下せるのは医師のみですが、セルフチェックである程度傾向を判断することが可能です。

セルフチェックにも様々な基準がありますが、今回は強迫的買い物・浪費・借金依存症の自助グループ「DA Japan (Debtors Anonymous=デターズアノニマス)」の公開している20の質問を使いたいと思います。

1.あなたは強迫的な買い物・浪費・借金に対し自分自身ではどうにもならないと考える事がありませんか?

2.強迫的な買い物・浪費・借金に対して降参したらその方があなたは幸せだと思いませんか?

3.強迫的な買い物・浪費・借金をいけないと思って止めようとしたり、制限しようとした事はありませんか?

4.悩みや不安やトラブルから逃げようと強迫的な買い物・浪費・借金をしてしまう事がありませんか?

5.強迫的な買い物・浪費・借金のために仕事や学業がおろそかになることがありませんか?

6.強迫的な買い物・浪費・借金のために家族が不幸になることがありませんか?

7.強迫的な買い物・浪費・借金をしている時に大きな優越感や陶酔感を感じる事はありませんか?

8.強迫的な買い物・浪費・借金の後で罪悪感や自責の念や落ち込みを感じる事がありませんか?

9. 強迫的な買い物・浪費・借金の刺激があなたをコントロールしていると感じる時がありませんか?

10.強迫的な買い物・浪費・借金の後ですぐに強迫的な買い物欲求にとらわれる事はありませんか?

11.強迫的な買い物・浪費をしても開封しなかったり使用しなかったりする事がありませんか?

12.次から次へと強迫的な買い物・浪費・借金をしながらも何故か空虚感が消えない事がありませんか?

13.強迫的な買い物・浪費・借金のために不眠になったり、能率や集中力を低下させていませんか?

14. 一文無しになるまで強迫的な買い物・浪費をする時がありませんか?

15.強迫的な買い物・浪費・借金(返済)の資金を作るために自分や家族の物を売る事がありませんか?

16.強迫的な買い物・浪費・借金の支払いのために正常な支払いが出来なかった事はありませんか?

17.強迫的な買い物・浪費・借金のために不相応な負債(カード・ローンなど)がありませんか?

18.強迫的な買い物・浪費・借金のための負債(カード・ローンなど)の支払いを工面するのが困難になった事はありませんか?

19.強迫的な買い物・浪費・借金のため法律に触れる事をしたとかしようと考えることがありませんか?

20.強迫的な買い物・浪費・借金をし続ける時、あなたは悪い環境の方に向かっていると思いませんか?

以上の質問に多数該当する場合は、借金依存症の恐れがあります。不安な場合は病院へ行きましょう。

借金依存症は病院で治療できる!

 

借金依存症は精神疾患の一つであり、病院(主に精神科)で治療を受けることができます。治療のメインはカウンセリングです。カウンセリングとは医師がひたすら患者の話に耳を傾けることによって治療する方法です。

そんなもので借金依存症が治るのか、と思われるかもしれませんが、患者は医師に話を聞いてもらえた、自分を理解してもらえたという経験を積むことができます。借金にかぎらず依存症の治療にあたっては、この経験を積むことが非常に大事とされています。

ただし、カウンセリングを受けるだけでは寛解(症状が出ないようにすること)は難しいでしょう。そのため、一般的には以下のことも合わせて行います。

借金できない環境に身を置く(債務整理)

依存症治療で大切なのが、依存の対象に近づかないことです。例えばギャンブル依存症ならばパチンコ屋の前を通らないようにする、アルコール依存症ならばスーパーのお酒売り場に近づかないようにする、と言った感じです。

それと同じで、借金依存症患者は借金できない環境に身を置けば、自然と借金グセは抜けていきます。では、どうすれば借金できない環境ができるのでしょうか。

一番いいのは債務整理です。債務整理を行うとそのことが個人信用情報機関に登録されて、一定の期間借金ができなくなります。この借金ができない期間中に借金グセを抜いてしまうのです。期間は5年から10年とたっぷりあるので、時間を欠けてゆっくり治療していきましょう。

なお、借金依存症や買い物依存症、ギャンブル依存症などに特化した病院の場合、そこで弁護士や司法書士を紹介してもらえる可能性があります。

※相談前にこちらで債務整理できるか診断できます。

自助グループに入ってみよう

自助グループとは簡単にいえば、同じ悩みを持つ人達通しの集まりです。自助グループで自分の話をすることによって気持ちが軽くなり、他人の話を聞くことによって自分が置かれた状況を客観的に見ることが出来るようになります。

同じ悩みを持つ仲間と一緒に頑張れるのは大きな心の支えになります。日本を代表する自助グループに「DA JAPAN」があります。

繰り返しになりますが、借金依存症は治療できる病気です。苦しんでいる方は、すぐに病院で診察を受けてください。

この記事はhttp://onew-web.net/このサイト参考にしています。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA



関連記事


ランキング


おすすめ記事

キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

キャッシング比較

キャッシング会社についてランキング形式でお伝えします。

お金を借りる

「キャッシング比較サイト」では、お金を借りる、キャッシングをお考えの方のために本当に信頼できるキャッシング会社をご紹介しています。

おすすめキャッシング会社!失敗しないキャッシング会社の選び方

キャッシング比較サイトをご利用ください。

スポンサーサイト

被リンクを増やしたいなら リンク増やす リンクシステム 被リンク無料 バックリンク無料